水性硬質ウレタン樹脂塗り床施工(改修工事)


食品工場の改修工事は、現場が食品を扱う工場であることを良く理解している必要があります。
専門施工店として培ってきた経験と独自の施工手順で問題を解決致します。

■何を塗ってもダメだった
■熱や薬品で剥離してしまう
■衝撃が多い為にすぐに剥離してしまう・・・
■床材の剥離が原因で台車の通行が不安定
■従業員のつまづき転倒事故が原因になっている
■水場が滑る・・・
■衛生的に見苦しい

■工事のための時間が取れない(休みが取れない)
■業務が24時間稼働していて、いつ工事をしていいのか困っている・・・

■工事に伴うホコリ・粉塵の飛散が心配
■工場に伴う溶剤臭(シンナー臭)が気になる・・・
■床材にニオイがあると困る
■濡れた床に施工が出来るのか
■掃除しにくい・・・
■もともと湿潤面の為に諦めていた・・・


・・・日誠cfcの施工事例をご参照ください





1 防塵養生
・下地処理にともなう粉塵の飛散を最小限に抑えるため、壁天井の五面養生を設置します。
・養生内に空気清浄機を設置し、粉塵を除去しながら下地処理を行います。

2 下地処理
・メーカー所定の施工要領書に基づく最適な下地処理を施します。

3 材料管理
・水性硬質ウレタン樹脂塗り床材の仕上がりは、施工時の温湿度に大きく影響を受けます。夏季は冷却、冬季は加温可能な車両で材料を保管し施工に備えます。

4 施工環境の実測、記録
・施工時の気温・湿度・床面温度・材料温度を記録し、当日の施工方法を検討します。

5 仕上げ
・独自の施工手順により床材を仕上げます。


株式会社日誠cfc:水性硬質ウレタン樹脂塗り床施工

本社営業所
埼玉県越谷市大沢3-10-14
TEL:048-979-5580 FAX:048-979-5544

東北営業所
福島県福島市陣場町6-14-401
TEL:024-529-6890 FAX:024-529-6897


2015年8月、ISO9001認証取得しました
職人個々の経験値や技量によって品質に影響が出てしまう塗り床工事。
熟練工の高齢化や少子化を原因とする後継者問題が取り沙汰される建設業界において将来も品質の高い塗り床工事の需要に対応し続けるべく、従業員の教育と育成、品質の保証と見直し及び向上を実現させる手段としてISO9001認証を取得致しました。




Copyright © nisseicfc.jp all rights reserved.